介護ソフトで事務軽減も夢じゃない|テキパキ業務活用術

手を握る

事務員に必要なソフト

介護

事務軽減のための介護ソフトは、介護保険請求業務など時間がかかる仕事をスピーディーに進めてくれます。サポーターもいるため初心者でも簡単に操作することができ、長期間活用が可能です。

» もっと見る

安全な管理体制

食事

名前や身体情報などあらゆる情報を登録出来るのが、事務軽減介護ソフトです。パスワードがないと開くことが出来ないため、セキュリティ性も非常に高く情報が漏れにくく安心です。

» もっと見る

万能なオプション

キーボード

オプション機能も充実しているからこそ、事務軽減介護ソフトの使用を広げることが可能です。勤怠管理なども手軽に出来ることから、事務員の仕事を減らせるということにもなります。

» もっと見る

導入で変わる業務

マウス操作

高齢化社会真っ只中の日本は、介護施設がどんどん増えています。介護施設には沢山の高齢者がおり介護士のお世話になっています。介護のお仕事と言えば基本的に入浴や排泄、食事のお手伝いになりますが、そういった体力勝負だけでなく事務のお仕事もあります。資料まとめや会計などはもちろんですが、介護保険請求業務などもあり毎日忙しいです。手作業ですると時間がかかってしまうため、介護ソフトを使用すると良いでしょう。介護ソフト1つで沢山の仕事をこなすことが出来るため、事務軽減にもなり、今や多くの介護施設で導入されています。仕事を効率的に進めたい事業所にも必要不可欠なソフトなのではないでしょうか。事務の支援サービスとして非常に役立つため、特に仕事量が多い事業所は導入を検討しましょう。

介護ソフトは訪問介護や通所介護、障害者相談支援事業などで活用することができ、事業所によってソフトの種類を変えることが可能です。全て同じようなソフトだと通所介護に必要な機能がないということになってしまいます。しかし、事業所に合わせることで必要な機能を装備して、不必要なものは装備しないと分けることができ、簡単に使用することが出来ます。介護ソフトを購入する際は事業所のタイプに合わせてから購入することが基本ですので、間違えて違うソフトを導入しないように注意をしましょう。ソフトは沢山のメーカーが出しているため、使用しやすいタイプを選ぶことが大切になってきます。企業のサイトを覗いてどのような介護ソフトがあるのかチェックすると良いです。